concept

山をのぼる感覚

モノづくりは、登山に似たところがある。登山は、どんなルートを辿っても最終的に行き着くピークは一地点にすぎない、しかし、山に挑戦するときには、ルートやスタイルを自らが選択し、そして自らの計画に基づいて行動し、状況によっては変更をその場で判断し、ピークを踏んで安全に下山するまでが登山なのである。

 
同じ山でも、極めた登山家は、あえて難しい岩壁を選び、軽量化されたシンプルな装備で自分の力を信じてピークを目指す。また、実力はそこそこのパーティーは、安全を第一にリスクの少ないコースを選択し、充実した装備を荷揚げし、チームワークでピークを目指すのだ、どう行動しピークを踏むのか?その計画自体に登山家の美意識は隠れていて、計画されたイメージどおりに、まるで一枚の絵を完成させるように一歩一歩行動することが登山の全てなのである。そして、その瞬間瞬間を登山家は感じるのであり、ピークを踏むことだけが喜びではないのだ。

 
モノづくりも同様に、世に出てゆくひとつのモノのために様々なルートやスタイルがある。単独行的な作業でつくり上げられる場合もあるが登山と同様に極められた一部の人の特権である。一般的に多くは、パーティーを組んでプロジェクトをこなしていくようなスタンスが必要なのだ。

 
日々、モノをつくるプロセスについて他人を観察するのだが、一点のピークを目指している感覚を持たない人がいるのに驚きを感じる。モノづくりが業務化してしまうと最高のモノをつくろうとする意識が低下してしまうのだ、そもそも、地図をみてピークがどこなのかを確認しない、どんなに迷走しようがお構いなし、日没も怖くはない、なにか仕事をしているふうの評価を得ることが最重要事項になってしまっているのだ。これではクライアントや生活者に何かが届くはずもない。

 
さらに、モノづくりを発注する側でもモノに興味がない人は、どのようにモノがつくり上げられるのかを学ばない。プロセスの中にどのような困難やリスクがあるのかを知ろうとしないのだ。そのような人が無線機を使ってメンバーにピークを踏むことだけを命令するような行為は遭難を誘発する。モノづくりの真の辛さを知らないのだから当たり前だ。

 
モノづくりは、つくられたモノに全てが表出している。様々な困難を克服してきたモノには、それなりの輝きがあると思うのだ。

 
そこのキミ。キミは山をのぼる覚悟ができているのかい?

分析を分析する

Print

 
モノづくりの中で、当たり前のように某かの分析が行われる。
人が何を欲しがっているのか?皆が腹を空かせているいるような時代であれば答えは簡単だった。しかし、すべてが満たされているように見える時代。何が必要で、何が役に立ち、何が魅力的なのか?よく分からなくなってしまった。それは、あなたにとって、とても良いモノですからと言って、手渡して、使い方はさわれば解るでしょ、さぁどうぞ!というところまでしても、それがその人にとって欲しいものだったのかどうか判断できない。さらに悪いことに、経済は、もっと細かく人や市場から少しでも多くの利益を得る為の隙間を探すことに夢中なのだ。

 
私たちは、もうモノなど欲しくないのだ。

 
さぁて、どうしよう?と我々は腕組みをしている場合ではない、
まず調査だ!調査を分析すれば新たなモノづくりの展望がひらけるはずだ!

 
本当だろうか?

 
分析には2つのやり方がある。

 
①すでにある物事をスライスして、それらが成立している条件や要素を明らかにするやり方。
②まだない仮説をつくり、それを成立させる条件や要素を次々に明らかにするやり方。

 
①は、目の前に壁があることを証明してゆく、そこに壁があるから、それを避けて前に進むべきだという分析方法である。多くの分析手法はこの見えない壁の存在を明らかにする。そして、既にある概念を再構築し改善を繰り返すのだ。
②は、ヒラメキやインスピレーションと呼ばれる「たぶんこうだ!」という仮説が必要なのだ、その仮説を生む能力は「勘」と呼ばれるものなのだ。それは、洗練された「観」と「感」さらに、現実までの物語を描けるストーリーテラーに裏付けられたものでなければならない。そして、その仮説を分析してゆくのだ。

 
モノづくりをしていくなかで、この2つの分析はさけることができない。だが現場では、②の仮説をつくる方向は軽視されがちである。その原因は、システムや組織の中でプロとしての行き場が排除され、個人の想像力と創造力の欠如につきるのだ。

 
そして魅力的なモノづくりを調査という水で一生懸命に薄めてしまうのだ。間違いなく分析方法がおかしい。

 
そこのキミ。「これはどうなんだ?」という質問に
「あの人がこう言ってました。」とか「この記事にこんなことが書いてました。」とか言っていてはいけない。
自信がなくても「私はこう思います!」とハッキリと答えよう。
そして経験と感覚を伝えよう。
そこからプロとしての成長が始まり、プロどうしの対話が始まるのだ。

らしさ

プリント

 
魅力的なモノには、なにか“らしさ”みたいなモノが宿っている。よく個性的とか、オリジナリティーがあるとかそんなチンケな言葉で評される。でも実は、ほんの些細なモノでもその人“らしさ”ものがにじみ出ているものであり、個性やオリジナリティーなどというものよりもっともっと大切にしなければならないことなのだ。

 
学生の頃。石彫の課題で直径30センチぐらいの球を掘らされた。当時バカな学生だった私は、無責任でテキトーな仕事をしたことを覚えている。何年もたって後悔しても始まらないのだが、一見、簡単にみえる仕事にこそ自分“らしさ”を表現するポイントは沢山隠れていて、まさに自分を掘り下げることができるチャンスでもあるのだ。当時、出来の悪い生徒だったので、まったく課題をくみ取ることが出来なかったのだが、何年もしてその意味に到達できたのは、当時テキトーに過ごした数日間があったからこそで、今となっては、そんな課題を出してくれた学校と、講評のときに美しき珠をみせてくれた旧友たちに感謝するとともに、自分の中に教訓として組み込まれている。

 
勘違いしてはいけないのだが、モノづくりは、自分“らしさ”を表現することが目的ではない。モノづくりを追い求める過程で“らしさ”が自然とにじみ出てきてしまうものなのだ。それは、裸の自分のようでもある。であるからして、面白くもあり、憂慮しなければならないのだ。真面目に取り組む姿勢こそが、いい意味で“らしさ”を呼び込むことにつながるのであり、テキトーという自分“らしさ”が定着してしまっているのであれば、その時点で失格であり現場から退場すべきなのだ。

 
前置きが長くなってしまったが、今日は“らしさ”を呼び込む4つのポイントについて考えてみた。

 
“予見的認識”
若いとき、自分のアトリエを持つことが第一の夢だった。自分が何かをつくり続けられる環境を手に入れたかったのである。相当いろいろな人に迷惑をかけたし、助けてももらった。そんな仕事場があるのに、つくり続けることと止めてしまうこととの瀬戸際を日々歩いている。こんな文章を書いているのもつくり続けるための一つの手段なのである。年齢的なものもあるかもしれないが、アートとデザインから美術とモノづくりへと思考を変えようとも思っている。それは、自分の将来のこともるし、社会の変遷に一役買いたいという思いがあるからだ。時は流れているのだ。すべて、これからのことを考えてのことなのだ。

 
“美的五感”
いわゆる、視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚、といわれるものから、美しさの感じ方は人それぞれである。美しさに触れた数だけセンスがよくなるはずである。しかし、美という概念は不明瞭な点が多すぎていけない。均整がとれたものには、ある程度の法則がある、その法則を学べばそこそこ美しいものはできるだろう。だが人の感性は、実は法則だけで支配されているものではなく、超常的なもの影響されている、常に自己存在とそれをとりまく環境の関係において揺れ動いていているのだ。だから世の中、美しいが魅力を感じないものが大半なのである。だから美に対して常に疑いを持つべきだ、なにが美しいのか?常に問うのである。その日その時、美しいと感じてしまった自分を分析し、それが他人にも共感できるものか、将来的に美の法則として成り立つものなのかを常に考えている。

 
“身体的考察”
一時、陶芸にはまったことがある。その時に感じたことは、“手という道具”の偉大さだ。ロクロ場に行くと年配のうまい人がたくさんいた。未熟であった自分は、一生懸命、ツワモノのつくりを真似てロクロをひくのだが、あこがれのカタチには絶対にならない。普通の人よりはカタチをみる目はあるはずと自負していたのに同じようにやっても微妙な違いがあるのだ…。一見ほぼ同じでも絶対なにかが違うと感じるのだ。再度、ロクロをひいているツワモノの姿を端でつぶさに観察してみていると、「こうしよう、ああしよう。」という意思があまり感じられない、本当に自然体で土に向かっているのだ。そして自分との大きな差に気づいたのだ。“手”である。手の大きさやカタチ違うのである。あたりまえと笑ってはいけない。寸法を決めて図面どうりにつくったとしても手が触れる箇所は、その人のカタチにしかならないのである。それを考えると“手という道具”を鍛えつつ、素直に使うことを心がけなければならないのだ。

 
“合致的品質”
最終的にモノに落とし込むときには、完成度が求められる。どんなにすばらしいアイデアであっても、それを相手に伝えるときにボロボロの制作物で伝わることは、まずアリエナイ。仕事はキレイで当たり前なのだ。自分の意思が100%詰まったものを目指すのだ。現場ではプリンタで偶然ついてしまった小さな点も許されない、チェックを重ね、もしそんな落ち度があったらそれを修正するのだ。当然こんなことは最後の仕上げである、その前にすべきことが沢山あるのだが、最後の仕上げにどれだけ気を配っているかによって99%から限りなく100%に近づけるのだ。だからモノをつくる人は、細かいこだわりを持って、ひとつひとつを積み重ねている。

 
らしさにつながる4つのポイントをだしてみた。
ここまで書いて恥ずかしいが、上に書いたコトは、何一つとして出来ていない、ただの理想像だ。でも理想があるからこそ、それに近づこうとする意思が働く。今日する仕事にまやかしが無いか自分につきつけなければならない。

 
そこのキミ。キミがつくるものは、キミにしかつくれない。
それは、キミらしさが良くも悪くも働くからだ。オッサンは、本当のキミらしさがみたいのだ。
是非“らしさ”を究極まで追求してほしい。
オッサンもまだまだ、がんばるゾ。

Solar project in garden vol.38

 
「ああっ、つまりこういうコトか…」

 
モノをつくっている過程で素材がコチラに語りかけてくることがある。
先週末、ソーラプロジェクトのイメージ動画をつくっている最中。「おー。かっけいい!」などと言いながらモジュラシンセを撮影していると金属部分が太陽光を反射させてレンズに飛び込んできた。

 
とても眩しかった。

 
一瞬、ひるんだ。

 
太陽光発電をやりだしてから、考えて手とカラダを動かすことの重要性を再認識した。太陽光発電だって多くの問題をはらんでいるし限界がある。世界は全て単体ではなく関係性で成り立っているということだ。つまりはそれを扱う人間の信頼がもっとも大切なのである。

 
信頼はどのようにして得られるのだろうか?と考えると、モノづくりにおいては、そのモノでしかない。手を使ってモノをつくるしかないのだ。結果を想像するコトではない、実現化することのみが必要なのだ。

 
今日は区切りの日だ。
光がそこに在るかぎり、プロジェクトは続ける。

凸凹

プリント

 
モノづくりには、2つの企てがある。

 
1つは、人やモノや社会や環境の凹みをキレイに補ってやろうという考え。

 
もう1つは、凹みを補うことを目指すが、つくり手の創見を取り込もうとする考えだ。

 
多くのデザインは、上記の半円のように、効率的にスマートなモノづくりを目指してきた。
アートやクラフトは、下記の正円に近い。多少の不確定要素や不便である差分は、愛着と呼ばれるような馴染みを生む。

 
そこのキミ。どちらが正しいということではないが…
defines.jpは、アンバランスな下記を目指したいのだ。

非言語・暗黙知

プリント

 
最近、非言語や暗黙知をビジネスに活用せよ!という流れが出てきている。大きな2つの潮流だ。

 
1つめは、動物的なヒトの習性を利用して一儲けしようゼ!というもの。極端な例は、ヒトは赤色には反応するから、この売り場には赤い商品を並べたら売れますョ、というもの。言葉では表せない、共通認識みたいなもの、思わず反応してしまう事をなんとか探り当ててモノを売ろうゼというもの。どうも、魚釣りの疑似餌みたいな感じで…なんかバカにされている気がしてくるのだが…。けっこう研究されているようである。

 
もう1つは、いわゆるプロが集まって非言語・暗黙知領域を探ろうゼ!とする流れだ。かつて、モノづくりの現場では、個人ひとり一人が自分の非言語・暗黙知領域にたどりつき、そこにある共通認識らしきものを探し出してくることが仕事だった、しかしながら、その手法も情報過多による、やりつくした荒廃感があるということで、みんなで仲良くワークショップなどをしながらファシリテータをたよりに効率よく非言語・暗黙知から発見されたコトバを次のモノづくりに活かそうゼ。とする動きである。多くの合意をもとにモノづくりに励むのだ。

 
最近のモノづくり終焉に、非言語・暗黙知の軽視が1つの理由であるとするならば、人間の奥深さへの探究をもう一度、クリエータなどと呼ばれる人たちが再考すべきであろう。最先端の研究者が仏教に目ざめるというようなことも探求心に由来するものではないだろうか…?

 
様々な知識や経験を詰め込んだ人の非言語・暗黙知を探ることは興味に値するが
薄っぺらなヒトから抜き取ったそれは、動物性を浮かび上がらせる。
どうも、最近の傾向は後者を連想させる。
人がつくりだすモノは、その人の感じが在るハズだ。

モノづくりは、コスト削減

ある日、先輩と議論になった。
「片平!、モノづくりってコスト削減のことだよ!」
「耳をかっぽじって聞きますから、もう一度言ってもらっっていいですかネ?」
「だから、モノづくりってのはコスト削減のことなんだよ!」
「…。」

 
もう、ずいぶん前のことだ。

 
また、ある日、後輩からも
「片平さん、モノづくりってコスト削減のことと聞いたんですが…。」
「誰からそんなコトを吹聴されたんだ?」
「…。」
「わかった、わかった。僕が考えるモノづくりの話を聞いてくれるかい?」
そんなやりとりがあった。

 
“モノづくり=コスト削減”この理論がどこからくるのか?を推察してみると
新しいモノが生まれにくい現在、すでにあるモノで皆が勝負をかけてくる。
そうなると、モノの価格はとても重要になってくるのだ。
売りたいものが、同質で差が感じられないときには、価格操作しか生き残る道がないのである。
価格操作の為に、気づかれないように、品質をギリギリ犠牲にすることもあるのだ。

 
それがコモデティー化だ。

 
確かに、関わっている仕事を省みて、新しさも考えず、何も考えず、システマティクな現場において
「モノづくりってのはコスト削減のことなんだよ!」と叫びたくなる気持ちも分かる。

 
デザインという言葉が生まれてから
真似に真似まくることによってデザイン業界は成り上がってきた。
それによって、生活も豊かになったと感じている人も多いのだろう。
でも、恥とか道徳心といった感覚も既に麻痺していることに気づいていないのも現実だ。
だから、デザインなんて言葉をもう使いたくないのだ。

 
今、モノマネではなく、モノから学ぶことが必要なのだ。
そこには、多くの宝が眠っている。そのプロセスを研究すべきだなのだ。
コスト削減などせず、改悪はせず、完成されたものを提供し続けてほしい。と願うのは私だけだろうか?
人は、それを許さないなのだろうか?

 
そこのキミ。もし、「モノづくりってコスト削減のことだよ!」などという人と出会ったら、
「そうですか…。話になりませんね…。」といって席を立つか、立たないか?キミはどちらだ?

脱成長

今、感じている事は、真の成長が起こらない経済成長を最優先させている時代である。ということ。
昨日、youtubeで選挙演説の一説に「脱成長」のワードがでてきた。
このことは、Defines.jpの考えに大きくかかわってくる問いでもある。

 
————————————————————————————————-

 
asahi.comより
経済の成長は人を幸せにしない 経済哲学者・ラトゥーシュ氏に聞く

 
2010年7月13日

 
「脱成長」を掲げて経済発展や開発のあり方を問い続ける仏の経済哲学者セルジュ・ラトゥーシュ氏(70)が、日仏会館の招きで来日した。初の邦訳書『経済成長なき社会発展は可能か?』(作品社)が今月刊行されたラトゥーシュ氏に、あるべき経済政策などについて聞いた。

 
■地域社会の自立こそ必要
同書は欧州を中心に広く読まれており、日本での出版は13カ国目になる。「脱成長(デクロワサンス)」は、「だんだん弱く」を意味する音楽用語「デク レッシェンド」と同じ語源をもつ。経済の規模を徐々に縮小させ、本当に必要な消費にとどめることが真の豊かさにつながると氏は説く。

 
「私が成長に反対するのは、いくら経済が成長しても人々を幸せにしないからだ。成長のための成長が目的化され、無駄な消費が強いられている。そのような成長は、それが続く限り、汚染やストレスを増やすだけだ」
資源や環境の問題が深刻化する中で、「持続可能な成長」という考え方が国際的に広く受け入れられるようになった。だがラトゥーシュ氏は、「持続可能な成長」は語義矛盾だと指摘する。「地球が有限である以上、無限に成長を持続させることは生態学的に不可能だからだ」

 
世界経済が長期不況にあえぎ、日本でも貧困問題が深刻化しはじめた。経済成長こそが貧困を解決するという経済学の「常識」が力を得ていく中、「脱成長」は旗色が良くないようにも見える。
この点に関してはラトゥーシュ氏も、今の社会システムのままでマイナス成長に転じても事態はかえって悪化するだけだ、と認める。

 
「より本質的な解決策は、グローバル経済から離脱して地域社会の自立を導くことだ。『脱成長』は、成長への信仰にとらわれている社会を根本的に変えていくための、一つのスローガンだ」
物質的な豊かさを達成した「北」の国々だけでなく、「南」の貧しい国も成長を拒否すべきなのだろうか。
「北の国々による従来の開発は、南の国々に低発展の状態を強いたうえ、地域の文化や生態系を破壊してきた。そのような進め方による成長ではなく、南の人々自身がオリジナルの道を作っていけるようにしなければならない」

 
就任間もない菅直人首相は、経済成長と財政再建は両立できると訴えている。だがラトゥーシュ氏は、「欧州の政治家も同じようなことを言っているが、誰も成功していない」と批判する。

 
「彼らは資本主義に成長を、緊縮財政で人々に節約を求めるが、本来それは逆であるべきだ。資本主義はもっと節約をすべきだし、人々はもっと豊かに生きられる。我々の目指すのは、つましい、しかし幸福な社会だ」(樋口大二)

 
————————————————————————————————-

 
モノは、生活を豊かにさせるものでもあり、経済成長にも大きな関わり(貢献と恩恵)を持ってきた。今、つくり手が考えなくてはいけないことの一つは、今後の「成長への関わり方」である。

 
そこのキミ。キミは何を成長させるつもりだい?

恥る意識

パッケージ

先日、勤め先でパッケージの本を開いてあれやこれや打ち合わせをした。

 
100年前、20年前、10年前、最近と時代とともにモノづくりの考え方の違いがはっきりと見てとれる。職人性は薄れてゆき、合理性や取り巻きを含めたモノづくりへと遷移してきている。モノそれ自体の魅力は薄れ、ヒトとモノとのストレスのない結付が重要視されてきているようである。

 
その理由を分析すれば、モノに溢れた時代にモノと機能との関係が深まりカテゴリーが形成されていった。それ以後はそのカテゴリーの既視感を明確に伝えることが消費への近道であることに気づいた。そしてモノは消費とのバランスをとりながら提供されるコトへと進化してきたのである。

 
今世紀の始まりのころ、物質から精神の時代へと人類は進化するのダ。との予測を耳にした。しかし10数年を経て感じていることは、その理想像とのズレを感じる。ヒトは道具とともに進化してきた生物である、その道具のあり方が多くの場合ズレているのだ。

 
そこのキミ。年が新たまるとともに1年単位ではなく100年単位で考えを深めてみてはどうだろうか?そして今年の目標ではなく10年後20年後を描いてみてほしい。

時は金ではない

「時は金なり」とはよくいってくれたものだが、この言葉には、いささか不信感をいだいたほうがよさそうだ。

 
「時間資源を有効に使って、ワークとライフのバランスをとってください」この言葉も一見そのとうりと、うなずいてしまいそうになるが。不幸に導く大きな危険性を孕んでいる。

 
モモという物語の中で「時間貯蓄銀行」と称する灰色の男たちによって人々から時間が奪われていく、そうすると、皆の心から余裕が消えてしまうのだ…。しかし、物語ではモモが見事に解決に導いてくれるのだが、現実世界では盗まれっぱなしなのである。
時間資源(時は金なり)という発想はおかしい。本来、時は私に与えられた財産である。無駄に使おうと有意義に使おうと勝手であるはずなのだが…。時間とお金の価値を同一視したところから人類は大いなるあやまちを犯し、そのあやまちに気がつくどころかどんどんとその罠にはまってしまったのである。

 
本来、時とお金は同等であるべきでは無い、それは、人間は生産のみに生きる動物ではないことと、人間にとっての価値の全てがお金に換算できるというのは大きな間違いである。

 
仕事の効率を考えてより生産性を上げるために時間の使い方を定義することは、一見グッドアイデアにみえるかもしれない、でも、結果的にマニュアル化されたロボットのような人材を量産することと手抜きされたモノを生み出す元凶になる。これはよく考えれば解ることである。「効率化された労働から生み出された余裕のある時間でもっと創造的で有意義な仕事をすべきだ」というロジックは一部のスパーマンにしか通用しない。目の前にある仕事をいかに丁寧に有意義に取り組むかを考えたほうが幸せになれるハズである。人が本来もとめているものは、人に優しいことだけではない。美しく生きることは、そういうことではないのだ…。

 
そこのキミ。時間は人々に平等に与えられた貴重なものである。それは人生において何物にも代えがたい独立した要素であると考えるべきだ、お金に換算する意外の価値を見いだしてくれたまえ!たとえキミがスパーマンであったとしてもだ。