solar

よりよい来場者とのコミュニケーションのために

150629_web_solor
Maker Faire Tokyo 2015に参加します!!!
2015年8月1日(土)12:00~19:00
2015年8月2日(日)10:00~18:00
東京ビッグサイト(西4ホール+屋外展示場)東京都江東区有明3-11-1
前売:大人 1,000円、18歳以下 500円、当日:大人 1,500円、18歳以下 700円
Maker Faire Tokyo 2015
というわけで準備に勤しんでおります。
参加に向けてサイトをみていたところ、Maker Faireのブースの作り方(よりよい来場者とのコミュニケーションのために)という記事をみつけた。
“作っただけではダメだ。それを多くの人に見てもらって、その素晴らしさを伝えなければ。写真、スケッチ、プロトタイプ、失敗作などなど、そうしたものはそ のプロジェクトの意味と背景を伝える物語になる。Maker Faireを見に来るお客さんは、Makerたちがそのプロジェクトを、なぜ、どうやって作ったのかを聞くのが大好きだ。だから、プロジェクトのプロセス を語るための材料をしっかり集めておこう。”
そして読み進めると
“(15)自分をインタビューする
質問に備えておこう。答を紙に書いて貼り出したり、飛び出す絵本のようにしても楽しい。声を録音しておいてもいいだろう。しっかりと質問に答えられるよう、事前に準備しておくための質問の例を挙げておこう。それに関する面白いエピソードがあれば、会話に絡ませていこう”
とのことだ!
というわけで書かれていた質問で自分にインタビューしてみた!
“プロジェクトの目的は何か?”
「様々なしがらみに絡まったシステムから解放されて自由に表現を楽しみたいと思いました。当時からモジュラーシンセに興味があったのですが電力会社から送られてくる電気を使うことに違和感を感じました。例えばライブハウスなどで演奏する場合でも枯渇性エネルギーに支えられたキラキラとした世界観ではなく、もっと身近に自分たちでコントロールできるモノで純粋に表現を楽しめる文化をなんとかつくりだせないか?と考えたワケです。」
“何をしたかったのか?”
「まず、ビリビリとした電気や人間様のエネルギーを感じたい!そして太陽光発電の可能性を試したかったのです。」
“何に刺激されてこれを作ろうと思ったのか?”
「311の時、計画停電がキッカケ。悶々としていました。」
“なぜ作ったのか?”
「電気のことをまるで知らないドシロウトがどこまでできるのか?試してみたかった。つくるコトでしか世界は変わらないと思っています。」
“同じようなプロジェクトを作った人は他にいるか? それともまったくのオリジナルか?”
「ベランダソーラーシステムを導入している人は多そうだけど、コンパクトに外で遊びに使っている人はそんなに多くなさそう…。とにかくシロウトなので、ある程度出来ている部品の組み合わせ(モジュール化)とパッケージングの新しさにこだわっています。」
“これ以前に作ったものは何か?”
「DIYは大好きです。家具づくりや金属部品、ミシンなどで色々とつくっています。」
“どこが難しかったか? どこが簡単だったか? 意外だったことはあったか?”
「電気の根本的な部分をまるで理解していないところからスタートしているので、+−を間違えて基板を台無しにしたり、ときに小さな爆発に遭遇したりしていました、でも、テスターを買って問題解消!問題点はひとつひとつツブしてゆくこと、回路図も少しは理解できるようになって、理系脳にほんの少し自分が進化できたコト。しかしネットの情報がなければまだ半分も出来ていないと思います。」
“面白い、とんでもない、大変な失敗は?”
「イベント中に箱の隙間からモクモクと煙が出てきたコト。焦ります…。基板がこげる臭いには超敏感になりました。」
“面白い裏話は?”
「北海道でのイベントに誘われた時、航空会社にバッテリーを運べないか質問したところ、見事にたらい回しにされました…。結局バッテリーは運べないとのこと、行きたい場所には陸路で行くしかないのです…。」
“あなたが最初に作ったものは?”
「ブログで太陽光発電を始めることを宣言しました、そしてDCDCコンバータとバッテリーボックスをつくりました。そして、ロゴマークのデザインも…。」
http://artlog.t-katahira.com/?month=201105
“このプロジェクトの師匠になってくれた人はいるか?”
「ほとんどは、google先生からの情報です。たまにお店の人に質問攻めしています。」
“どれくらい時間をかけたか?”
「今年で4年目、最近はヒマがあれば電気工作をしています。」
“どうやって始めたのか?”
「ネットで部品を取り寄せることから。」
“どこからアイデアを得たのか?”
「太陽光発電をやっている人のWebを見ると部品がバラバラでカッコ悪かったから、中身の難しい設計はできないけど、外側のデザインだけはスタイリッシュにしてやろうと思いました。ヴィジュアル系です…。」
“どんなところで作業していたのか? 職場か学校か?”
「自宅のアトリエ。そして公園で実験!」
“いちばん好きな工具は何か?”
「使う道具はみな愛着を持って接しています。」
“このプロジェクトがどう展開すればいいと思うか?”
「普通にライブイベントなど楽しみの全てが自然エネルギーで運営されればよいと思います。」
“現実世界の問題に挑戦したいと思うか?”
「んー。すでに挑戦しているつもり…。」
“これをビジネスにつなげたいか、それともただの遊びか?”
「経済活動とは切り離し、市民ひとり一人が簡単に自分たちのモノづくりできるキッカケをつくりたいです。」
“いっしょに作った人はいるか?”
「イベントを企画してくれたり、一緒に踊ってくれたり、演奏してくれたり。最高の出会いが沢山ありました。本当に感謝しています。」
“他の人のプロジェクトで影響を受けたものはあるか?”
「田口造形音響さん、一度工房におじゃまして色々と見せてもらいました。スゴイ。」
“このプロジェクトで他の人たちに刺激を与えたいと思うか?”
「ドシロウトでもなんとかなるコトをつたえたい。」
“作ることを誰かに教わったことがあるか?”
「美大でモノづくりの基礎は学びました。今は勤め先で経済活動とモノづくりの関係…、日々葛藤しています。」
“次は何を作りたいか? 今考えている次なるアイデアは? 将来は何をしたいか?”
「超ミニサイズのインスタレーションのパーツをつくりたいです。森の中に何台も設置してみたいです。最低10年は継続したいと思いスタートしました。なので、あと6年かけてどう進化するか楽しみにしていてください。」
ちゃんと答えられるか?是非、試しに会場まで…。
よろしくお願いします。

Solar project in garden vol.49

Maker Faire Tokyo 2015に参加します!!!
2015年8月1日(土)12:00~19:00
2015年8月2日(日)10:00~18:00
東京ビッグサイト(西4ホール+屋外展示場)東京都江東区有明3-11-1
前売:大人 1,000円、18歳以下 500円、当日:大人 1,500円、18歳以下 700円
Maker Faire Tokyo 2015

 
150726_01

 
というわけで、ウインドセンサーをモジュール化してみました。

 
150726_02
 
もちろん。野外ですので風が吹けば、それに合わせて音が変わる。
そして、それに合わせて音をだす。

 
150726_03

 
そして…大特急でモジュールも追加する。

 
暑くて溶けそうですが…みなさま是非!乱入セッション大歓迎!夏の想い出に…。

 
どうぞ!!!

Solar project in garden vol.48

 
雨続きジャー。

 
せっかくトートバッグもつくり、太陽の下で音をだす気マンマンなのだが…。関東は梅雨なのです…。
というわけでアトリエで遊んでいた、音は最小のデジタルアンプからガンクに振動スピーカをつけてみたら、なんともいえないインド的な音がするではないか!というわけで一人インプロ2発撮りです。画面の左下のストライプは左のLEDを接写したもの、音によって柄がかわるのです!面白いでしょ!

 
第三期のポータブルセットもいい感じになってまいりました。晴れたら外で録画するぞ!
だれかタブラ叩けない?
予行演習でした!

Solar project in garden vol.47

150629_web_solor

 
Maker Faire Tokyo 2015
2015年8月1日(土)12:00~19:00(予定)
2015年8月2日(日)10:00~18:00(予定)
東京ビッグサイト(西4ホール+屋外展示場)東京都江東区有明3-11-1
前売:大人 1,000円、18歳以下 500円、当日:大人 1,500円、18歳以下 700円

 
Maker Faire Tokyo 2015 に参加します! 真夏の暑いさなか野外でやる予定!手伝ってくれる方募集します!興味のある方!声かけてください。よろしくお願いします。
というわけで、説明用のパネルを作成してみました。なんとなく見ていただければ何を考え?何をしているのか?が伝わるように…。

Solar project in garden vol.46

toto_01

 
トートバック!つくった!
帆布生地を使った。近所の布屋さんには8号の厚みしか在庫がなく…。ネットで検索してもう少し厚手の6号のものを倉敷から取り寄せた、ゴワゴワ、シッカリ、かなり好みの質感なのである。しかし、センターの一番の見せ場!縫い方に手作り感が出てしまった…。これはですね…。ミシンで縫えるギリギリすぎるサイズでして…。言い訳ですが…。スイマセン。段取りミスであります…。

 
なぜ?こんなものをつくったかというと、軽量化したシステムで一番の課題だったまともな音を出すのも、フレームドラムとお盆とデジタルアンプの組み合わせでずいぶんと進化させることができた。ようやくゴロゴロカートから解放されて肩に担いで余裕で移動可能となったのだ。

 
toto_02

 
梅雨の晴れ間をぬって、外で音出すぞー!

Solar project in garden vol.45

太陽光発電音響装置計画ーSolar project in garden 
2011年から細々と活動を始めたわけですが… 
早4年が経過し…
いろいろな人に協力してもらい…
興味をもってみてくれている人もいるらしい…

ということで
もう少し真面目に情報をだしていかないと

というわけで
新しくホームページを開設しました!
http://solarloops.com/

まだまだ建築中ですが…
ブックマークよろしくお願いします!

ブックラ

Buchla(ブックラ)ときいて、あぁ知ってる知ってる芸大にあるヤツね!などと云う人はよほどのシンセ通。私が初めて知ったのは、モジュラーシンセを一所懸命にネットで検索していた時にブルーのスーツケースに収まったカラフルな装いのモノだった。もちろん、タンスのような王道モジュラーもあるのだが、タッチセンサーの鍵盤がつき60〜70年代のレトロっぽいその風情にやられてしまった。しかも動画を漁ってみると、なんとも現代音楽風な精神的な音を奏でることができる凄いヤツという印象がこびりついてしまった。

 
150402_02

 
さらに調べてみると誰しもが知っているmoog(モーグ)に対して西海岸スタイルなどと呼ばれており、モーグは当時、ロックミュージック界にみごとに浸透していったのに対して、実験音楽専用装置的な位置づけで、まったく世に広まるということがなかったようなのである。(1973年に25台程度しか生産されなかったという…)カッコイイではないか!

 
しかし、そんな稀少な昔の機材は手に入ることは望めないし、最新のモジュラーシンセの方が更にコンパクトで自由度も高いし、自分で近いモノがつくれるじゃんと思い、エフェクトケースにモジュラーシンセを詰め込みだしたのでありました。

 
しかし、時は流れ、モジュラーシンセブームが巻き起こる2013年。幻のシンセサイザーが、40年の時を経て蘇ったのでありました。調べてみれば恐るべし価格!んー悩む!手に入れるべきか?高嶺の花として心にしまっておくか?

 
2014年の夏。一年間。高嶺の花として我慢した。ネットも見ないように注意していた。オマエには必要のないモノだぁ。しかし!ついにその日が来てしまった!円が上がり始めた!今買わねば!来年では2割増だぞ!背中を押された。あとになって2014年に100台程度生産し製造中止…。となったら絶対に後悔するに違いない。こんなくだらないものにと怒られようとオレが欲しいのだから…。どうせ今、頼んでもスグには来ないだろうし、忙しい秋が終わった頃、寒い冬の日にこの装置で遊ぶのサ。とコッソリ貯金をおろし注文したのであった。

 
そして、2015年正月。サイトには納品まで2週間から6週間と書かれているものの発送の気配はまるでなし、途中どのくらいかかる?とメールはしたものの適当にはぐらかされ…なんかサイトがおかしく…メールをするも返って来てしまう…。うわぁやられたか!と数日間悶々とするも。1月半ばには新モジュラーも発表されて、ようやくメールが返っては来たものの具体的な納期の知らせはなく…2月に来れば滅多にないライブにも使えるのにと思いつつ気長に待っていたわけですョ。

 
ある日、相方さんから「海外の運送会社から不審な電話を受けた!」「また、変なモノ頼んだでしょ!」とおしかりを受ける。「えっ?」とごまかしつつ、もしや?とすこしワクワクしながら運送会社に連絡すると届いているが関税を振り込んでもらわんと届けられないという…しかも配達は19時までや…といわれる。んーまた相方さんに何か言われるな…。それなら19時過ぎに取りに行くから用意しといてケロと伝えると、OK!とのことで湾岸沿いにある倉庫街までクルマを走らせたのでした。

 
そして無事に我が家にあの幻が届いたのであります。

 
早速、段ボールをあけ、スーツケースを取り出し、ソソクサと電源を入れる。もう動画サイトで飽きるほどみているので、イメージトレーニングはバッチリなのだ。

 
「ビー」とあの音がでてくる!タッチパネルに手をあてればあの不安定な音がでてくる!つまみを回せばあのノイズが出てくる!いやちょっと待て!ノイズはノイズだが少しおかしい?5から6にいくアタリで急に破壊的な音になるゾ!これはイメージトレーニングと違う?まぁでもイロイロいじってやれ!あれ?ココのノブの音がかわらんゾ!まぁでもイロイロいじってやれ!あれ?ここのスイッチ?これは、急いでつくって故障だらけということ?

 
動画サイトで音の出方を我が装置に置き換えて比べてみるも、どう考えても故障している…。
うわぁー。やられたー。
せっかく2週間後にはライブがあるのに…残念。

 
まぁでもどうせ手作りだしちょっといじってやるか?でも高いしナァ、いつもより丁寧にビビリながらネジをはずしてゆく。びっしり詰まった基板を目にし、やはり名器という感じがしてくる、しかも基板上にも調整用のノブが出ているし、変なところの回路を追ってすこしノブを回してみると…あぁなんか効いてるじゃん!よかった!よかった!なんか直りそうだ!丁寧にケースに戻しネジをしめて修理完了!音を出してみる!あれ?またなんかおかしい?
外側からおかしな所付近を押してみるとなんか音が変わる?んー?。
またまた丁寧にネジを外し、基板をながめてみる。この辺りだなと横から見てみると基板どうしがギュとつまっている箇所を発見。少々荒っぽいがドライバーを差し込み少しばかり浮かせてみる。
あぁ!直った。しかし大枚叩いてんだからちゃんとチェックぐらいして送れよなーと言いたいところだが、こんな原因も分からないヤツはこの装置を使う資格はないのだと言われているような感じでもあり。とにかくほぼイメージトレーニングどうりに動きだしたのである。それにもましてタッチセンサーは想像していたより繊細でイメージどうりに音を出すには慣れが必要だ。なんか曲者なのである。

 
150402_01

 
さてさてそれから毎日特訓の日々。まだまだ奥は深いのだが人前で音を出してみた。ノイズ愛好家にとって最高の音だ!

Solar project in garden vol.44

デジアンプ

 
150325_03
アトリエで公演準備中

 
三週間連続。公演→ボヤ→アキバ→修理→公演→ボヤ→アキバ(相談)→修理→公演→ボヤ→燃え尽きる(心)という日々。たぶん何かが間違っているので、ライブのたびに皆に気づかれないところで密かにボヤ騒ぎを起こしていた。音はなんとか最後まで出し続けることができたものの、公演中にあの基板が燃える臭いは精神的に良いものではなく、改造が必要なのだ。

 
一度目は、ひととおり太陽光発電音響装置計画の説明を終えて、さて音を出しはじめた瞬間に、やな臭いが…、なにかが焦げている臭いがする、目の前の機械がおかしいのは間違いがないのだ、音が出なくなってしまっては元も子もないのでボリュームを絞って少し様子をみてみると臭いはやがて消え、ライブ終了まで無事に持ちこたえた。

 
家に帰り箱をあけて回路をチェックしてみるとアンプ部品の抵抗が焦げ付いているのがわかった。原因は、最大14Vのところ14.5V位の電流を流していたため、とこの時は分析。翌日アキバに行き早速部品を調達、修理を終わらせテストを行い、次は全開で行くぜー。ベイビー。

 
150325
燃えた抵抗!

 
二度目は、雨の日のリハーサルでのこと、以前札幌でシステムが総崩れの日があった…その日以来、雨の日はショートの日。電気が元気になって変なところに流れ出す…というトラウマを抱え。その日以来様々なバックアップ策をこうじてきた、蓄電池も二つ、音源も二つ、アンプも二つ、電球も二つ用意しているのもその失敗からなのだ。しかも今日はその時と同じ共演者。今回は何が来ても大丈夫なはずだ…。舞台をセッテイングして、その日のリハーサルが始まった、新たなシステムの音を聴いてもらうのが初めてということもあり、気合いが入る。しかし、マテマテまたあの臭いがするではないか?直したところか?今回は青白いLEDランプモヤにがかかり隙間から煙が立ち上っているではないか!ヤバい!火事だ!あわててボリュームを絞った。

 
次は、DCDCコンバータを疑う、ACDCの電源を使った時は何事も無く、DCDCの使用時にボヤをおこすということは変なノイズがデジアンプに付加をかけているということか?コンセプトには少し反するのだが、ACDC電源2台で次の公演に挑むことにする。

 
三度目は、蓄電ではなく、太陽光の発電と同時進行で公演がすすむという素晴らしいスチュエーション。だいぶピリピリとした緊張感の中で公演が進む中。またあの臭いだ!今回は大丈夫のハズなのに!今日は夜まで保たせなければいけないのに!やばい!!!ボリュームを絞り2台のアンプを代わるがわる、休ませながら音をだす。イヤァーなんでだーーー!しかし、最後は最高の残響音を残し公演は終了。

 
150325_02
明大前キッドアイラックホールで充電中

 
それでも様々なひとに「いいノイズだ!」とか「最高の音だった」とか激賞され素晴らしい日々なのだった。自己分析してみると、どうも「やったるでー。」と思って音を出した瞬間に「ボン。」と抵抗が燃え始めている感じがしてます。内からでてゆくものと外からやってくるものをもっと冷静に感じて、もっともっといい音にたどり着きたひ。もちろん直してね…。

Solar project in garden vol.43 解放

3月9日_入稿

 
そこのキミ。ここ数日間。モノをつくる自由について考えている。手遅れになる前に考察を巡らす必要があるのだ。

 
最近では「自由につくっていいよ!」という言葉に拒否反応を示す人がいるそうだ、オッサンは少しビックリするのだ。オッサンは自由のないモノづくりなんで考えられないのだ。

 
荷が重いのか?プロセス学びをマニュアルどおりに進めることを好む人が増えているのか?基本を忠実に遂行することを重視しているのか?と探ってはみるもののそうでもないようなのである。自分がどういうがモノが好みで、どのようなモノをつくりたいのかハッキリとしない、何か手探りでプロセスからつくってゆくコトなどめんどくさい、変なところで自分を評価されたくない、それをヤルことで儲かるの?ということなのだ。

 
自由なモノづくりとはどういうことなのだろうか?

 
一見自由そうに見えたジャズやロック、その現代への歴史をひも解けば消費文化にぶつかる、なにかモヤモヤしたものに取り憑かれた若者たちの欲求不満の解消をエサに、求心力を高めたカリスマを市場に送り込み、いかに消費させるかというシステム構築の歴史なのだ。巨大産業には多くの人が関わり、次々に新商品が送り込まれた。そこにはある自由らしきものは偽物でありガンジガラメの経済的自由なのである。でも多くの人はアーティストが訴えかけてくるメッセージや快楽に酔いしれることを最優先しているのだ。

 
このような現象をみれば、自由などというものはたいしたモノではないように感じてくる。自由などなくても消費文化が与えてくれる快楽で実は満足しているだ。

 
音楽においても、「無いものをつくる」のではなく「有るものをつくる」という指向が強いのだ、市場が有り、聴く人が有り、そこに笑顔が有るのだ。自由にふらふらと新境地を探索するなど無駄なことはしたくないのだ。

 
しかし、よく考えれば「無いものをつくる」も「有るものをつくる」も実は目的は一つなのだ、人の役ににたち、対価をえるというコトは同じで新市場を目指すか、既存市場を目指すかの差でしかない。目くそ鼻くそなのである。今、私たちが考えなくてはいけないことは、不満解消発散補助の便利市場をつくることではない、さらには巨大消費システムの破壊工作でもない、まず第一にこれらから解放さるることを考えるべきである。

 
対立は対話に変え、ひとり一人がアイデアをとりあえず現実化してみるのだ、行動できる人の比率を増やしてゆくことなのだ。自由がまだそこにあるうちに解放へ向かうのだ!机上の空論からは何も生まれない、目の前で起こっているコトには目をつぶり右でも左でもない道無き道へ進まなくてはいけないのだ、自分が踏み跡をつける最初に人間であっても恥じるべきではない。たとえ引き返すことになっても、道は沢山あるではないか…。今が封鎖される最後の瞬間なのだ。明日には自由の一区画は奪われる。オフグリッドだ!解放に向かえ!

 
今週末から怒濤の太陽光発電音響装置の3連続コラボです。
311を跨ぎ、様々な祈りや想いが交錯するでしょう。
異質な者とエネルギーと音でまじわる。

 
是非キミにも体験してほしい!!!!!。

 
2月28日(土)稲毛Jazz Spot CANDY
http://blog.livedoor.jp/jazzspotcandy/
森 岳之(ds)大島輝之(g,pc,bugeffects,etc)
片平隆行(modular synthesizer,etc)
open19:00start19:30
前日予約¥3000当日¥3500(1drink込税込)

 
3月9日(月)板橋サブテレニアン
http://www.subterranean.jp/
『停電の夜から』
舞踏 相良ゆみ 田仲ハル
太陽光発音響装置計画 片平隆行
open19:00start19:30
¥1500(1drink込税込)
080-4205-1050

 
3月15日(日)明大前キッドアイラックアートホール5F
www.kidailack.co.jp/
『ENTLERANSS エンターレランス;入口多数』
(万城目純+相良ゆみ+中村友紀+雪片+片平隆行)
start15:00
start19:00
予約¥2000円当日¥2500円
03-3322-5564

Solar project in garden vol.42

150228_info

 
2月28日(土)稲毛Jazz Spot CANDY
open19:00start19:30
森 岳之(ds)大島輝之(g,pc,bugeffects,etc)片平隆行(modular synthesizer,etc)
前日予約¥3000当日¥3500(1drink込税込)

 
インプロの世界で活躍する、大島さん、森さんとのライブです。
もちろん、私は太陽光100%の蓄電した、太陽光発電音響装置計画のセッテイングで挑みます。
ギターやドラムに負けない音をだせるかどうか?
パワーアップの改造の日々励んでおります。

 
そこのキミ。少し遠いですが足を運んでください!よろしくお願いします。