solar

Maker Faire「絶望と希望」

130813

Yamaguchi Mini Maker Faireレポート第一弾。

 
一日目の気温は、38.5度であった。体温を超えると身の危険を感じる。
野外展示をしていた一団は館内への移動を余儀なくされた。

 
二日目、朝9時半、会場に入った。エアコンが効いた屋内は居心地がよさそうである。しかし、お隣の集団では「やはり、外でやろう!」と盛り上がってきていた。確かに一時しのぎで引っ越してきた場所は、会場の隅っこの通路で雰囲気が良いとは言いがたい場所だったのだ…。
そうであれば、「私もアイノリさせて下さい!」と太陽光パネルを抱えて、灼熱の中へと出ていったのだ。

 
さすがに前日同様、この熱さではお客さんは、まばらである。となると出展者どうしの近所づきあいが盛んになる…。

 
午後の一番熱い時間、お客さんの波がパタリと止まる…。なぜか太陽光発電音響装置の音を止めて、静かに芝生の上での座談会になってしまった。メンバーはお隣の関西方面から来られたFabLab Kitakagayaの関係者たちである。イラストレータをしながらFabLab に関わっている女性。京都でパーカッションを制作している男性。サステイナビリティ・デザイン研究をしながらFabLab に関わっている男性。それとサラリーマンをやりながら太陽光発電を楽しむ私の4人である。議題は「モノと人の関わり(新たな社会システムは構築できるか?)」かなり大袈裟なタイトルを後からつけてみた。しかしながら、本当にそのようなコトなのである。例えば、“都会の狭小地で小規模な菜園をつくる→その農具はFabLab でつくる→その農具には名入れをする→得られるモノは、食糧、人間規模のサイクル、そして愛着。”
『愛着』というワードはMakersならではなのである。地域や人や道具など、すべてに愛着を再興できれば、少しはまともな社会になるはずなのだ。そして、これはもうすでに実践にうつされているコトなのである。

 
ひとりが「常に絶望と希望を感じながら活動している。」と言った。まったく共感できる言葉である。私もずっと同じことを考えていた。青空と芝生の上でこんな対話ができる、それは希望である。しかし40度近い異常気象の中、わざわざ山口まで足をはこんで、こんな対話をしなくちゃいけない、それはある意味、社会システムの中で追い込まれている状況であり、それは絶望である。しかし今、この「絶望と希望」を感じながら私たちは前に進まなくてはいけない。

 
そこのキミ、Maker Faireはただの発表の場ではない。対話の場なのだ。

Solar project in garden vol.27

2013-08-03 7.33.01

山口に行こうと思ったのは、まだ寒い時季でした。

 
今、思えば、こんな真夏のクソ熱い時にわざわざ遠出をして、太陽光発電音響計画を実行しなければならないのか?という疑問がわいてきまが…。その寒い時季にMakersムーブメント熱にうなされていたということなのです。

 
よくよく考えればムーブメントという言葉も気にくわないし、海外でスタートというのも、ものすごーく気に入らないのです…。

 
でもです。歴史は確実に流れていて、2010年代のMakersという考えはモノづくり史上大きな転換点であると位置づけられるコトは自明の理なのです。市場主義からの脱却はこのような兆しから始まるのだという確信が、日に日に力強いものへとなってきています。ですから、この日本でそのような祭りが開かれるのであれば何をおいても参加することが重要なのであります!などと強く語ってみるのであります。

 
というわけで、DIYの祭典「Maker Faire」に参加するであります。

 
—————————————————————————–

 
「Yamaguchi Mini Maker Faire」山口情報芸術センター[YCAM]
2013年8月10日[土]12:00-18:00
2013年8月11日[日]10:00-18:00

 
“2006年にアメリカでスタートしたMaker Faireは、ものづくりを行う個人、機関、企業における「作り手」の発表と交流の場として、技術を使った斬新なアイデア、ノウハウを共有するだけではな く、ものづくりの素晴らしさや楽しさ、創造性を、大人から子どもまで気軽に楽しめるイベントです。これまでに日本を含む世界60ヶ所以上で開催されてきま した。西日本初となる山口開催では、YCAMで展開する教育普及プログラムとの連携により、幅広い年齢層の創造性に富んだものづくりへの参加を盛り上げま す。大量生産/大量消費が極限を迎えつつある今日、製品やものづくりに対する視点の転換が求められつつあります。本イベントに通底する「DIY」や「シェア」の思想を通じて、10周年記念祭のテーマである〈アート〉〈環境〉〈ライフ〉への理解を深めます。”

 
—————————————————————————–

 
そこのキミ、なぜそんな遠くでやるのかって?
それは、遠くのほうが、愚か者がたくさん集まるから…。
愚か者は、先を感じているのだ…。

Solar project in garden vol.26


volca beats / solar project from Defines.jp on Vimeo.

みなさまご無沙汰してしまいました。

 
「Solar project in garden」1年ぶりでございます。

 
昨年の北海道を最後にブログの更新も無く、面白がってくれる人も少なく…寂しく引きこもっていました…。
でも、北の旅で問題があった箇所の修正や新たな展開やらを考えたり、
機材のバージョンアップなどは影ながらチマチマコソコソやっておりました。

 
ホントに考えれば考えるほど様々な要素がかくれていてアタマを悩ますのですが、ここ一年の間にメーカーズムーブメントなどもようやく表面化してきたり、自然エネルギーグッズの販売店やらも充実してきていて、DIYで人生を楽しみ、世の中を豊かにしてゆくコトから目が離せない状況にあるのです。夏に向けてイベントの参加などの予定などもあり、機材を持って青空の下に出かけるのであります。

 
そんななか、昨日、新たな機械を購入してしまいました。「アナログ リズムマシーン」であります。余計なモノは買ってはいけないと心に決めていたのですが…アナログじゃん!9Vで動くじゃん!小さいじゃん!機能も吟味されてるじゃん!そして、ウチの機材に混ぜたら面白そうじゃん!といいことづくめ。でも絶対に予約なんかしちゃいけないと自制していたのですが…なぜか発売日にWebでチェックしてしまう心の弱さ…でもすでに売り切れていて、すでに2回目の予約待ち…やっぱり欲しいよね、みんな!とみょうな一体感を味わい…ここも予約待ち、あそこも予約待ちとネットサーフィン(古い。。)するうちに…あと残り一台ですの表示のお店ぐぁ…。。。

 
ポチリ。。。

 
昨日、荷物が届いてしまい。早速テストですよ。いやー良く出来てます。
コルグさんありがとうの感謝をこめて。
撮影してみました。箱をあけて2時間ぐらいですので、まだ謎だらけですが自慢したかったので…。

 
そこのキミ。。。許して。。。