問題設定力

クリエイティブを語るうえで、「価値を創造するのか?問題を解決するのか?」というような言葉をよく耳にするようになった。人がまだ気づいていない盲点を見つけ出し、その盲点から発想し、モノゴトをつくる。つまり価値ある問題をみつけ、それを解決するための創造をすることが優等生というのだ、価値ある問題とは、より多くの人が感じてはいるが気づいていない事象ということになり、そして創造的な解決というのは、より多くの人が共感し、笑顔でそれを受け止めるということになる。が故に「気づき」という言葉が多用され、皆が「気づく」ために躍起になっている。

 
しかし、何かそんな方程式に違和感を感じる、人間味が感じられない…。なぜだろうか?

 
社会や人は変化し進化し続けなければいけない、昨日までの自分では許されない空気がある、その為に人は努力し、いろいろなモノゴトを学び、自分自身をバージョンアップさせ、より多くの「気づき」がえられる人間になり、人や社会のために貢献しなければならないという強迫観念にとらわれている人が多い。さらに働き方を変革し、余裕がある生活の中から、もっともっと「気づけ!」とせっつかれているようだ。まったく手に負えない状態なのである。

 
しかし、発想の原点での「気づき」はやはり必要であろう、問題を発見することも必要だが創造・解決するときに、発想の転換に「気づく」ことこそが必要なのだ。だから虫眼鏡で必死に観察することに集中することなく、鳥のように大空からゆったり眺めることも必要なのだ。

 
例えば悩んでいる人がいたとしよう、問題点はその人の「悩み」である。そしたらその人の困っていることを根掘り葉掘り聞き出し問題点を発見して、自己啓発本を読み漁りアドバイスし、解決してあげるのが解決だ。だが、それは得策ではないと思う。自分なりに問題を設定し直し「その人を幸せにしてあげたい」としたしよう、そうすれば一緒に馬鹿をやって心から遊ぶコトも手なのだ。その遊びの中から解決できるかもしれないじゃないですか?だから、つくるということは、「問題」ではなく「問題設定」なのですよ。

 
だからそこのキミ。「無理して気づける自分に変身することなどせず、そのままでいろいろなモノゴトに接して、ボーっとしてればいいんじゃない。」という軽いノリも時には必要ではないのかな?でもボーッとしてるヤツは「気づいた」方かいい!キミはどっちだ?

 
そして「問題を設定する=define」というのがこのブログの大きなコンセプトだったりする。
そして、「気づいてばかりいないで気づかせろ!」と言いたい。

Solar project in garden vol.65

 
“生命体や人間を、個々ばらばらな存在として捉えるのではなく、「相互連関的・全フィールド」に織り込まれた結び目として捉える。(ディープエコロジー)”
今日、本棚の整理をした。読みながらやってると散らかるばかりで全然片付かないのであります。ずいぶんと前に手に入れた本に書いてあった一文を発見したであります。

 
昨日、晴れ間をねらって、フィールドレコーディングをおこなった。意気込んで行ったのに、肝心の銅鑼とフレームドラムを忘れ、さらにデジカメも調子が悪く録画もできない…。森の中では、鳥たちが歌っているというのに…。最高のシチュエーションだというのに…。

 
しょうがなく、振動スピーカをラックケースのフタに設置し音を出した、小川のせせらぎと鳥のさえずりとモジュラーシンセの音のバランス(ヘッドフォンも忘れたゼ…)を勘で決める。音を出したトタン、鳥たちのさえずりが消えた…。ガマンして気持ちよさそうな音をパッチングしていろいろと試してみる、控えめに間をあけた感じに調整すると鳥たちが戻ってきた!出しっ放しの音ではなくこちらも調子を合わせながらの即興だ!いい感じにシンクロしてくる!最高!しばらく楽しんだあと周波数をかえてみる、一気に鳥たちはどっかに行ってしまった…。まったく不思議だ…。

 
そんな様子が録音されてます。初夏のウグイスさん最高っス。

Solar project in garden vol.64

160605_01

DCDCコンバータ変更。

 
新しいシステムにしてから悩まされてきたノイズがコンバータを変えたことで解消できました!
写真左が旧来のもの6A仕様そして取り替えたものが右側8A仕様のものです。ホント色々な機器を輸入販売してくれているお店の方に感謝であります。

 
オーディオマニアの間では電源にこだわるのは常識、電源によって音質が変わるとされています。太陽光発電も一部で音がいいと吹聴されておりますが蓄電されれた電気をなにも加工せず使えば間違えなく良くなるハズですが、12Vや24Vからそれぞれの機器にあうようにボルトを変換すると、その変換回路でノイズが発生または乗ってしまうという現象があるわけです…。ですから太陽光発電は音が良いとする説はあまり信用してはいけません。

 
今回のノイズは、モジュラーシンセから発せられるノイズをコンバータが拾ってしまって、システム全体にそのノイズが広がってしまっているような感じでした、ボリュームゼロでもヘッドフォンからモジュラーの音が出てしまっている状態だったのです。たぶん、DCDCコンバータとモジュラー電源の相性が良くなかったのでしょう。それはアンペア数の問題なのか回路の問題なのかは不明ですが、問題は解決したので良しとします。

 
では。

Solar project in garden vol.63

160508

 
上記の写真。GWに大阪に行ってきたわけじゃありません。
160508_02

 
なんということでしょう…。ハイパワーデジタルアンプです!ジャーン!
といったところで感動してくれる人もなく…、あまり自慢することでもありません…。
アキバにケースを探しに行ってもよかったのだけど、家にあったガラクタ(アクリル板とか木材とか…)からつくってみたわけであります。

 
50Wの振動スピーカーに合わせるために、ハイパワーのアンプを物色したおりましたところ、TDA7498Eデジタルアンプ(160W×2ch DC14V~36V)というモノを発見。さらに、新しいシステムにしてから超気になる高周波ノイズを低減させるためにLittleSusieIIというノイズフィルターも注文し、DCDC昇圧コンバータとともに組み込みました。かなりパワー感が増し、音が安定してきました、比べると4Ωのスピーカーは軽く軽快な感じ、そして8Ωの方は、大人っぽくしっとりした感じがします。ノイズは大分改善されたものの、まだ完全ではなく残ってはいます(ストラトみたいな感じで音が出てしまえば良い感じ)、モジュラーと同じバッテリーからもってくるのに限界があるようです、解決にはそれぞれを分けたシステムを検討したほうがよさそうですが、出費がかさみそうなのでとりあえず先送りにしておきます…。

 
ではまた。

Solar project in garden vol.62

 
50W8Ω仕様の今までより大きな振動スピーカーの実験を始めた。皮に未着させるための強力な接着材を使わなくても、自重でタイコにのせるだけでも結構な音を出せることがわかった。タイコにのせる位置を動かすことによって響きが変わる、演奏するには効果的かもしれない。しかも同時にタイコを叩いてもイケル。というわけで録画してみました。でも、サウンドスケープ的には、ちょっとコンセプトがズレるなと思ってます…。(やっぱ叩いちゃダメだな…)

 
しかし、デジアンのノイズがヒドい…。電源フィルターを使うことで大分改善できていたのですが、たぶん、アンプの直前に差し込まないと効果がないのか?そもそも、バッテリーを2台使えば一発解消なのだが…。んー悩む…。

Solar project in garden vol.61

空撮08

 
先日の飛行機に乗った時の航空写真。メガソーラーの図であります。ここから人々に電気が届けられているのだなーと関心しながら北海道入りしたのでありました。そして、先日のライブ、ボーズであります、お客さんゼロであります…。我が装置から発する音は、誘っていただいた篠原さんと店長さんの二人だけに届けられたのでありました。

 
新システムのデビュー戦!もしものためにバックアップ用の装置も用意して万全の体制で望みました。約2時間の濃密なインプロといろんな話もしました。プロジェクト5年目を向かえ電気に対する関心も薄れて行く中、太陽光発電も知らず識らずのうちに生活に入って来ていて、もう止めてもよいかなーなどと思ってしまったり、コンセントからたんまりとエネルギーを使って、もっともっとモジュラーシンセでガンガン音を出した方が楽しいよなーなどと思ってしまったり、太陽光発電だって大して環境に良いわけじゃないんだからやってる意味なんてないじゃん!大体、出てくる音の差なんてそもそも理論的には無いんだよ!などと感じる今日この頃。

 
しかし、やっぱり太陽光でやった方が微妙に音がいいと感じるのであります。人前でヤルのは電気が安定していた方が表現のためにはいいと思うのですが、何時、音が出なくなるかとハラハラしながら電気の残量を確認したり、音が出なくなったら慌ててジャックを差し替えたりする方がなんかいいんです。そんなコトに共感してくれる人なんて少数派なのは最初からわかっていること、だからボーズだって止めません。

 
だから、みなさん忘れないで下さいませ…。音はどんどん成長しています。これからもよろしくお願いします。

Solar project in garden vol.60

<ライブ情報>
4月27日(水)江古田フライングティーポットで
篠原 健(Voice)さんとduoでやります。
18時30分スタートで入場無料+1drinkです。
ご都合よろしければ是非!

160418_01

Solar project in garden vol.59

振動スピーカー
160416_02
160416_01
160416_04

前回、「爆音でお願いします!」とのオーダーだった。ほぼ、マックスの状態で音を出し続けた結果。振動スピーカーの限界を超えた模様…。たぶん、今回のライブではなく、蓄積した金属疲労と経年劣化によるものと思われますが、コイルが巻かれているパーツの接着部分が剥がれてしまったのと、振動を伝える金属部分が折れている、しかも中を見るとコイル部分も見事につぶれている。両方とも銅鑼につけられていたものなので、スピーカの重みが1カ所に集中しているために強度が足りなかったのかもしれない。振動させる板の上に乗せるようにセッテイングしないと同様なトラブルが多発する可能性が大。横にセッテイングする場合は、みなさまも気をつけて下さい。

160416_03

というわけで銅鑼には8Ω仕様の大きな振動スピーカーを取り付けてみようかと思う。かなり巨大化しますが、しっかりしているのでトラブルは少なくなるかもしれません。しかし、同じアンプで鳴らした場合、音量は低下する。小さい方が4Ωなので半分の音量になってしまうのだ…。電気の無駄遣いになりますが…まぁ少しは音質向上につながる?かもしれませんのでしばらく使ってみます。

 
さて、振動スピーカに関する質問をよく受けるのですが、下記のワードで検索してみてください。

 
振動スピーカー
Vibration speaker
トランデューサー
Transducer speaker
レゾネーター
Resonator speaker
ボディーソニック
Body sonic transducer
オンド・マルトノ
Ondes Martenot

このメンバーでパフォーマンスをした。

160411_02
石井則仁(舞踏) 田仲ハル(舞踏) そして片平隆行(電気)の3人で4月10日コンテ札幌にて多くのお客さんに見守るなかパフォーマンスをした。舞台のセットは前日のパフォーマンスで描かれた「123」が残されたまま。公演がおこなわれた。(123123…)

 
振動スピーカを4台使いわけてシーンをつくりだした。回を重ねるごと、モジュラーは有機的に動くようになってきた、時に勝手に考えられないようなループをかもし出し、接触不良になったり、そんな時は、逆らわずにしばらくほうっておくのだ…。(123123…)

 
公演のあと、いろんな人に、太陽光発電音響装置の紹介もできた。(123123…)

 
みんな、一歩ずつ乗り越えてゆく…。のたうちまわって…。(123123…)
どうもありがとうございました。

2016年4月、このメンバーでパフォーマンスをする。

2016年4月、このメンバーでパフォーマンスをする。
条件1、即興であること  条件2、独創的であること  条件3、チャーミングであること
http://conte-sapporo.com/ev7_shigatsu.php

 
april1

参加させていただきます。

 
太陽光発電音響装置計画を進める中、副産物である省電力の音響システムの進化形で挑もうと思っております。(まだ冬の北海道ではソーラーパネルを持ち込んでのパフォーマンスには少々リスクがあるので…電力会社産の電気を使う予定です…。)
最近「シンセシスト」という言葉を知りました。いわゆる鍵盤の演奏技術という意味合いだけではなく、音をつくりだしたり、その音響効果などをつくりだしたりする人。だそうです。ダンサーなどと共演するときに音響装置というのは肉体的なものからかけはなれていて、ほぼ、グリグリと指先でノブを操作するのみで、演奏特有の呼吸感みたいなものを表現するのには向いていないのかもと思うことが度々。でもそうであるがゆえに、音をだすたびに、その場に在る肉体とはかけ離れた精神的な次元と共振できる可能性を感じるのであります。
あと自分の課題としては、「装置の運送は自分で運べるぐらいにすべし。」というのがありまして。よりコンパクトで最大級の効果をだせるようにしたいのであります。というわけで新型の振動スピーカを実験中であります。

 
160314_04

 
銅鑼を2枚とティンパレスとフレームドラムをコンパクトに合体させてみました。4ch仕様です。音が響き合って実に聴いたことがない音が飛び出してきます。すごいっすヨ!

 
160314_01
160314_02
160314_03

 
そして、4ch分のデジタルアンプを新調するのでありました。
どんな空間が待っているのでしょうか?ノリにノッタ二人との共振!楽しみであります。

 
みなさま。よろしくお願いいたします。